業者を使わないクレジットカード現金化の方法はある?

クレジットカードの利用で現金化?

正しいクレジットカードの持ち歩き方

物品のクレジットカード購入での現金化は転売と見なされることが多く、お店へ出向くことになるため避けたいところです。 また、人に知られたくない理由から自宅からインターネットを利用して現金化する人が増えています。 個人で現金化するか、業者に買い取ってもらうか? どちらも一長一短があるようです。

やっぱり今のスマホは役に立つ?

スマホが一人一台、それ以上になっていると言われていて決済もクレジットカードからスマホで決済できるようになりました。 クレジットカードの情報を登録するか、利用代金と一緒に支払う方法でスマホから電子ギフト券を購入して業者が買い取り現金化します。 簡単に利用できる方法ではありますが、注意も必要です。

生活が変わるカードの使い分け

お手元にあるクレジットカードの特長をご存じですか。 カード会社によって支払い回数の方法やカードの特典があり、持つ方も迷ってしまうほどです。 クレジットでの現金化を望むなら、カード会社の返済の方法を調べておくことが大切です。 カードはもしものときの保険であり生活を助けてくれるものです。 賢く使い分けましょう。

電子ギフト券とネット利用は便利、賢く使おう

手持ちのお金が足りないときに役に立つのがクレジットカードです。
現金を持たず、カードだけになるので実感がないといって使わない人もいますが、防犯上の観点から持ち歩かずに利用する人もいます。
カードを日ごろから使用している方は、クレジットの利用枠がいくらに設定されているのか、確認したことはありますか?
クレジットの利用枠は、その人の申告内容や利用歴によって変わります。
そのクレジットカードを利用している期間もですが、カード会社の審査と本人の意思で利用枠が違ってきます。
クレジットカードで決済するのは後払いにしているだけなので結果的にお金を借りているのですから、返済義務が発生するのは当然ですが、カード会社が行っているポイント制度などでお得に利用している人もいます。
思いもかけないところでの出費、冠婚葬祭以外でも思い当たることがあるのではないでしょうか。
しかもカードではなく現金が必要で、手持ちだけでは足りないときどうしますか。
お金がどうしても必要だからとクレジット枠をなんとか換金したいと考えている人へ、手続きを行ってくれる業者があります。
業者が行う手続きには、手数料が発生します。
なるべく手数料を抑えたい、できれば業者を通さずになんとかしたいと考える方もいるのではないでしょうか。
無理のない範囲で業者を通さずに現金化する方法があるのでしょうか。
結論からいうと法律に触れてしまう行為についてはもちろんNOです。
年収に合わせたクレジットカードの利用など法律で厳格に定められています。
お話を進める前に、クレジットカードを利用することは、支払いを先に延ばしている事実を私たちは忘れてはいけないということです。
クレジットカードを利用した現金化にどのようなケースがあるのか調べてみました。